シンプルな暮らしを目指して

おはようございます! 今日も絶好調ほりっちです♪
今日もお読みいただきありがとうございます。

昨日図書館に行って、予約していた本を借りてきました。

3冊借りたのですが、その中の一冊「シンプルに暮らす」

タイトルと表紙、素敵だなぁって。

表紙をめくってカバー内側にこんなことが書いてありました

私たちの暮らしの基本。
それは、「食べること」です。
この本では、その「食べること」をはじめとした、
料理、キッチンの整理、買い物など
生活の一つひとつを大切にすることで
魂の糧を得る方法をお伝えします。

衣食住と言いますが、生活になくてはならない食、そして主婦にとっては、悩みの種でもあったりします(私だけ?)

前書きのところには、

シンプルに暮らす、ということがテーマです。暮らしの基本は「食べること」です。それにまつわる、ライフスタイルや考え方について、よりシンプルでより賢く生きるヒントとなるように、この本を書きました。

とあります。

生活習慣病と言われる病気はほとんど、食べすぎによるものじゃないかと私は思います。

体験上、食べることを控えて具合が悪くなったことは無いですが、食べすぎて具合が悪くなることはよくあります。

私は、一日二食もしくは一日一食で、朝食は基本食べないのですが、この本の中でも、規則的に食べることの弊害なども書いてあり、そうだよね~、と思うところが多々ありました。

また、お腹がいっぱいになってもつい食べてしまうことってありませんか?

残ってるからもったいないとか、おいしそうだからとか、理由はいろいろあると思いますが、それも良くないと。

胃は伸びるので、本来の大きさに戻すことも大切だと書いてありました。

そして、ゆっくり噛んで味わって食べること。

時間がないから、胃に流し込むような食べ方だと、満腹感を感じる前に食べ終わってしまって、何か足りないと、もっともっとと食べてしまうことになりかねない。

このゆっくり噛んで味わって食べる、ついつい忘れてしまうんですよね。

私は、朝食食べないようにしていますが、それは胃を休めるため。

それはできるのですが、ゆっくり噛んで味わって食べるっていうのはつい忘れてしまいます。

毎日を丁寧に、心地良く暮らすにもつながってくるので、「ゆっくり噛んで味わって」を心に留めておこうと思いました。

そのほかにも本には、こういう料理とかもかいてあるのですが、やはり外国の料理なので、ピンとこないというか、わからないものもたくさんありました。

でも日本人には強い味方和食があります。

和食中心の生活をしていたら、肥満になるのは難しいと思うんです。

お味噌汁は毎日飲むとか、週に3回は和食にしようとか、できるところから始めていけばいいのかなって。

そして、できるなら朝食は抜くとか、ちょっとずつ、シンプルな食にしていけたらいいなって思います。

シンプルにそして、満足感、満腹感をちゃんと感じて暮らしていきたいなぁと思う今日この頃です。

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
今日も一日、いい気分で過ごしましょう♪
今日一日があなたにとって、最高にハッピーな一日になりますように。

愛と感謝を込めて ほりっち

 

朝ブログ

Posted by ほりっち