すべては栄養になる

ずいぶん前に、

身体によくないとされているもの

たとえば、インスタント食品とか

コンビニのお弁当とか

を食べるときに

「すべては栄養になる」

って思ってだか言ってだかして

食べたら全部栄養になるから

ということを聞いて

できるだけ食べないようにはしてるけど

どうしても時間がないときとか

そういうものを食べるときに

すべては栄養になると

唱え(笑)

食べていたことがあった。

 

そして、ふっと思ったんだけど

それって自分におきるすべてのこと

にもあてはまるんじゃないかって

 

どういうことかというと、

人生にはいろんなことがおきますよね。

いいこともあれば悪いこともある

いい、悪いも、そう感じるというだけの

ことなんだけど

でもどうしてもいいことあった~

とか

いやな事があった~

とか

思っちゃう

 

でも、

それって本当に

いいことか悪いことかって

わからないじゃない?

見方を変えたら

悪いことだと思っていたことでも

そんなに悪いことでもなかったり

するってことはよくあること

 

どうしても一喜一憂してしまうけど

あとになってみたら

あのつらい体験があったから

今の私がいるんだと

思えるときがきっとくる

 

だから、悪いことがあったときにも

受け入れて

「すべては栄養になる」

って言ってみるのも

いいんじゃないかな

って思ったりするのでした。

fealの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です